スタッフブログ

色決めのヒント⑦

原田京子 自己紹介へ
2018/10/05(金) 知識・見解

リペイント湘南の原田京子です。

 

 前回、条件によって色の見え方は変わるというお話をさせていただきましたが

今回はもう少し具体的にお話しさせていただきたいと思います。

色は突き詰めていくと難しくなってしまうので、私なりに建物の色を決める際に

必要だと思うポイントをいくつか絞ってお話しさせて頂こうと思います。

まずは色を塗る範囲、大きさについてです。

色は大きな面積になると、小さい面積で見た時より、その色が持つ特性を強調させる

性質があります。

たとえば、明るいものはより明るく、鮮やかなものはより鮮やかに感じます。

 

どうでしょう?

上の色見本帳の上から2番目、G22-85Hと同色です。

どうでしょう?

大きくなると、鮮やかさが増したような、明るさが増したような気がしませんか?

ちょっとわかりにくいですかね。^^;

こちらはメーカーさんの色見本になります。

 ふせん左上のNC-01

ふせん右上のNC-27

ふせん右下のNC-30

う~ん。どうでしょう?

皆さんは、色見本帳と大きな面に塗られた色を見てどう感じるでしょうか?

イメージ通りであれば問題ありませんが、違うようであれば参考にしてみてください。

 

記事一覧

1ページ (全295ページ中)

ページトップへ