スタッフブログ

犬と私の10の約束

原田京子 自己紹介へ
2019/03/05(火) 日常

リペイント湘南の原田京子です。

 

私は共働きで、ジジババはいてくれるものの愛犬「凛」のお世話は

子供たちに任せている状態。

最近は少し飽きてきたのかあまり遊んでいない様子でとても気になっていました。

ある日、ペットショップのトイレの壁に貼ってあった「詩」を読み

心を動かされた私は、子供たちに、ベッドに入ったらお話があるといって

その詩を読み聞かせました。

これは「凛」からのメッセージだよと。

それが以下の詩になります。

 

『犬と私の10の約束 ~凛からのメッセージ~ 』

 1.私と気長につきあってください。

 2.私を信じてください。それだけで私は幸せです。

 3.私にも心があることを忘れないでください。

 4.言うことをきかないときは理由があります。

 5.私にたくさん話しかけてください。人のことばは話せないけど、わかっています。

 6.私をたたかないで。本気になったら、私の方が強いことを忘れないで。

 7.私が年を取っても、仲良くしてください。

 8.私は10年くらいしか生きられません。だからできるだけ私と一緒にいてください。

 9.あなたは学校もあるし友達もいます。でも私にはあなたしかいません。

10.私が死ぬとき、お願いです、そばにいてください。どうか覚えていてください。私がずっとあなたを愛していたことを。

 

そして子供たちと私は号泣してしまいました。^^;

三男は本当に凛からのメッセージだと思ったようで

「ママ、どうやったの? ねぇ、どうやったの?」と。笑

しばらく黙っていた次男は突然「わーーーん。凛ちゃーーーん。」と大声で泣きだし

必死でこらえていた私も目からポロポロと涙。(書いている今も涙。笑)

携帯のメモに書いてあったこの詩を読み返した三男も

「わーーーん。ずっと一緒にいたーい!」「もう友達と遊ばない!ずっと凛と一緒にいる!」と大泣き。

3人で涙をポロポロと流しながら

「凛ちゃん、大好きだよー!」

凛に伝わったかどうか…凛は泣いている私たちに向かって吠えていました。笑

まぁ、まだ4か月の子犬です。あはは。

今から大泣きじゃ、我ながら先が思いやられると…^^;

でもみんなで覚悟をしつつ、我が家に迎え入れたという責任をもって

愛し続けてゆきたいと思います。

あぁ~~また涙。笑

 

記事一覧

1ページ (全297ページ中)

ページトップへ