スタッフブログ

今日で8年

能登広 自己紹介へ
2019/03/11(月) 日常

RE-PAINT湘南の能登広です。

2019年3月11日の今日で、東日本大震災が発生してから8年となります。

今だ、多くの爪痕が残っている場所も多くあり、復興に向けての作業は少しずつではありますが、

今現在も続いています。

 

当時の記憶は、今も鮮明に思い出せるほど、私自身も衝撃を受けた出来事であります。

比較的に海が近い3階建ての塗り替え工事を行っていた私は3階バルコニー内、職人一人は足場の最上部にいました。

揺れ始めはそうでもなかったですが、突然の大きな揺れになり、職人はバルコニー内に避難しました。

足場は、大きな音を立てて目の前で大きく揺れ、近隣からも建物が軋む音や人々の悲鳴なども聞こえてきました。

とても長い揺れが納まり、足場を降りて地上に避難すると、作業者のラジオを付けてどこが震源なのか確認し、

東北が震源の巨大地震が起きたことを知りました。

程なくして、津波警報のサイレンが鳴り響き、一帯が停電をしていることに気づきました。

それからラジオと携帯電話で情報を集め、私がいる場所にも小さな津波が到達する恐れがあるとのこと。

その間も、大きな余震が何度も発生していることもあり、作業を中止することを決めます。

ただ、建物と足場の状態を確認する必要があったので、一回りして安全を確認し、現場を後にしました。

帰り道も、停電などもあり、通常1時間弱で戻れるところ、2時間以上掛かって戻りました。

家に戻り、テレビでニュースを見て(私の自宅周辺は停電になってませんでした)、

本当にたいへんなことが起きてしまったことを改めて知ることになりました。

 

お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げるとともに、

被災された方々におかれましては、心よりお見舞い申し上げます。

また、少しでも早い復興がなされることをお祈り申し上げます。

私自身でいえば、できることが少しでもあれば今後も行っていきたいと思います。

記事一覧

1ページ (全297ページ中)

ページトップへ