スタッフブログ

紫陽花

2016/06/30(木) 日常
RE-PAINT湘南の能登広です。


このところの梅雨らしい天候は、私たちにとってとても頭の痛いところです。

お客様にはご不便をお掛けしてしまい、誠に申し訳ございませんが

ご理解とご協力のほどをなにとぞよろしくお願い申し上げます。


さて、私たちにとって頭の痛い梅雨ではありますが、紫陽花の綺麗な時期です。

今は、もう終わりに近いですが、まだまだ綺麗に咲いているところもあります。

紫陽花は、様々な種類と色がありますよね。

ご存知の方も多いかと思いますが、紫陽花の色は、土壌の酸性度によって花びらの色が変わり、

一般には酸性なら青、アルカリ性なら赤となります。

花びらの色が白色の紫陽花もありますが、それは土壌の酸性度には影響ではなく、そもそも

白色となる品種です。

土壌の酸性度の影響を受けて花びらの色が変わる紫陽花は、七変化とか八仙花ともいわれます。

紫陽花を育てている方の中には、土壌の酸性度を年によって調節し、花びらの色を変えるといった

楽しみをされている方もいらっしゃるそうですよ。

そして、紫陽花は咲き始めと咲き終わりで花びらの色が変化しています.

もう終わりなので、その違いを見比べることは出来ませんが、

来年にでも見比べてみたらいかがでしょうか?



弊社代表原田芳一のコラムです。

塗装・リフォームなどはコチラよりお問い合わせ下さい。

記事一覧|2016年6月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ