スタッフブログ

[15.1.31]クリヤー塗装の前に

2015/01/31(土) 塗装現場
リペイント湘南の原田京子です。



塗り替えというと色を変えるイメージがありますが
透明な塗料を使い、既存の意匠性を活かす塗り替えもあります。


その場合には下地がそれほど傷んでいないことが条件となるため
塗料メーカーでは、築10年以内での塗り替えを推奨しています。


ただ、築10年だから傷んでいないかといえば、そんなことはなく
やはり所々痛みがきているのが現状です。
当然、シーリングは打ち替えになりますし、塗膜が剥がれてしまっている
箇所も多々あります。
それでも使用するのは透明な塗料になりますので、下地の補修が
必要になってきます。

例えば…










完璧ではありませんが、透明な塗料を塗っても違和感が無いよう
その場で色を合わせながら、補修を行っています。


私の場合はこんな感じです。^^



まるで、パレットのようですね。^^
外壁の色は日向と日陰でも全く違うので、一色ではなかなか合わせることが
難しいですし、サイディングの場合、いろいろな色を使っているケースも
大変多いので、私はいつもこのようにパレット方式で補修を行っています。










求人はコチラよりお問い合わせ下さい。

塗装・リフォームなどはコチラよりお問い合わせ下さい。

記事一覧|2015年1月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ