スタッフブログ

[14.2.28]私がこだわる訳

2014/02/28(金) 塗装現場
リペイント湘南の原田京子で

弊社では、現場が始まり洗浄工事を行った後に
配線や配管の撤去を行います。

具体的にいうと、電気の引き込み線や、アンテナ線など
壁にビスなどで取り付けられてしまっているものを
いったん取り外し、壁が塗り終わった後に、元に戻す
という作業を行っています。
中には撤去できない場合もありますが、なるべくは
撤去・復旧という形で作業を進めています。

それというのも…。





↑こちらは配線の撤去後の写真です。

横に走る黒っぽい線は、配線が取り付けてあった跡です。
縦に走るグレーっぽい線は、シーリング目地に打たれた
シーリングです。

配線の裏側のシーリング目地に穴が開いてしまっているのが
お分かりになるでしょうか?

配線を取り外さずにシーリングを打ったため
配線の裏側がきちんと打たれていなかったのです。
これでは防水のために施工したシーリングの意味が
半減してしまいます。

このようなことをさけるため、手間はかかりますが
配線・配管の撤去・復旧は出来る限り行うようにしています。

また、外壁の施工後に取付を行えば、配線等が不要になった
場合にも、簡単に取り外すことが出来、美観を損ねることがありません。

以上のことから、地味で手間のかかる作業ではありますが
私はこだわって行っているのです。^^







求人はコチラよりお問い合わせ下さい。

塗装・リフォームなどはコチラよりお問い合わせ下さい。




記事一覧|2014年2月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ