スタッフブログ

[12.10.31]月が大きく見える?小さく見える?

2012/10/31(水) 日常
原田京子です。




今日は大きくて、きれいな月が出ていました。
どうやら満月ではなかったようですが…

前々から疑問に思っていたのですが、出始めの地上付近の月はとっても大きいのに
上のほうにある月は小さく見えるのは何故なんでしょう?

ということで、少し調べてみました。すると私にとっては大変意外な答えに遭遇しました。
それは…『目の錯覚』だというのです。
えぇーーーーっ???@@;
あんなに違って見えるのに、何だか納得いかない気が…。^^;
実際には諸説有り、きちんと解明されていないようですが、地平線近くにある月は
比較対照とするものがあるため、大きく見えるとか…
私たちは天体を縦に潰した半球と捕らえているため、地平線近くの月は大きいはずだと
認識して大きく見えるとか…
角度による錯覚だとか…
いずれにしても目の錯覚であるという認識は同じのようです。^^;

でも確かに、なんとなく地平線に近い月は勝手に地球の近くにあるような気がしていたので
その『気』が月を大きく見せていたのでしょうか???

う~~ん、なんとも…。でも面白いですよね?
ただ、月が同じ大きさだと確認する方法はいろいろあるようで、5円玉の穴から除くと
比較対照物が見えなくなるので、同じ大きさに見えるとか…。30度見上げて見た月を
仰け反って逆さに見てみると、150度見上げたような角度になり、小さく見えるとか…。

今度試してみようと思います。
とりあえず、あんまりいろいろ考えると、頭がパンクしそうになるので、今日はこの辺で…^^;





求人のご案内はこちらからご覧下さい。


お問い合わせはこちらからどうぞ!

記事一覧|2012年10月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ