スタッフブログ

[11.6.30]新しい塗料

2011/06/30(木) 塗装現場
RE-PAINT湘南の能登広です。


今日、私は原田京子の担当する藤沢市T様にて外壁の下塗りや軒裏の上塗りなどの

塗装作業を行ってきました。

午後には、天候が悪くなってしまい雷雨となり、16時過ぎごろから本降りとなってしまいましたので、

已む無く撤収となってしまいましたが、ほぼ一日作業を行うことが出来たので、

まだ良かったのではないでしょうか。


今回の現場では、外壁の下塗りで使用している材料は、塗料メーカーから新しく出た材料で、

初めて塗装を行っています。

私も今日、初めてこの材料の塗装作業を行いましたが、

このような時はいろいろなことを考えながら塗装を行なっています。


『どういう意図の塗料なのか?』

『どのような塗り方をしたら良いのか、悪いのか?』

『乾燥は早いのか遅いのか?』

『どのように塗ったら長持ちさせられるのか、長持ちさせられないのか?』


・・・・など。


これらは全て、『綺麗に仕上るため。』『少しでも長持ちさせるため。』に考えていることです。

特に、新しい塗料に関しては情報が少ないため、普段よりたくさんのことを考えながら

塗装作業をし、その新しい塗料の情報をより多く得ようとしています。


より多くの情報を得られれば、失敗をする可能性も少なくすることができますので。



お問い合わせはこちらもご覧ください。
ご興味がございましたら、こちらもご覧下さい。

記事一覧|2011年6月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ