スタッフブログ

[11.5.31]仮設住宅

2011/05/31(火) 日常
RE-PAINT湘南の能登広です。



3月11日に発生した東日本大震災において被災された方々への、

応急仮設住宅の建設工事が急ピッチで行われています。

今現在、建設されている応急仮設住宅は宮城県内で14,939戸(建設中含む)で、

そのうち7,604戸が引き渡しが完了しているとのことです。(※5月26日現在)

最終的には、8月中旬ごろまでに宮城県内で約23,000戸の建設が予定されているとのことで、

なるべく早くに沢山の方々が住むことが出来ることを願うばかりです。


また、他県を含めた全体の応急仮設住宅の要請は約63,000戸にもなるそうです。


この応急仮設住宅の戸数だけでも、今回の被害の大きさが分かります。


未だ、全戸数の建設地の確保が出来ていないなどの問題があるようですが、

被災された方々がこれから暫くの間、生活を行う貴重な場となるので、

なんとか整備をしていただきたいと思います。



お問い合わせはこちらよりお願いいたします。
ご興味がございましたらこちらもご覧下さい。

記事一覧|2011年5月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ