スタッフブログ

[09.4.30]弊社のメダオとメダコ

2009/04/30(木) 日常
RE-PAINT湘南の大男、能登広です。


いつも私たちを癒してくれている、メダオとメダコの卵が孵化しました!

左が稚魚たち、右がメダオとメダコです。

成魚は卵を食べてしまうので、卵は別の水槽に移し育てて(?)いましたが、とりあえずは2匹が無事に生まれました。

今は、2匹が元気に泳ぎ回っていますが、卵はまだ10個ぐらいありそうですので、それが全て孵化してくれたら、メダカ大国が出来上がります。






さて・・・・・





稚魚は何を食べるのか?



人間がメダカの稚魚に餌をあげるとしたら、いったい何をあげたらよいのか?



基本的には、親メダカと同じもので良いようですが、親メダカ用の餌は子供達には大きいので、砕いて細かくしてからあげるようです。




最近、メダオとメダコは人間らしき姿を見ると、水面に上がってきて口をパクパクさせて餌をねだるような姿

を見せます。



約10匹の子供達が生まれて、口をパクパクさせるようになったら・・・・・




塗装・リフォームなどは外装リフォームを研究するリペイント湘南にご相談下さい。

                              2級建築士・1級塗装技能士 能登 広





記事一覧|2009年4月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ