スタッフブログ

今年の漢字

能登広 自己紹介へ
2018/12/13(木) 日常

RE-PAINT湘南の能登広です。

 

昨日、京都は清水寺にて、毎年、年の瀬の恒例の『今年の漢字』が発表されました。

その漢字は、『災』。

確かに、今年は記録的大雨&猛暑、台風、北海道や大阪府での大地震など、

さまざまな災害に見舞われた印象があります。

私自身も、今年の夏の猛暑は本当に堪えましたし、当店の職人も皆、例年の夏よりも堪えていたように思います。

そして、台風。

台風による被害が、これほど大きなものになるとは・・・。

この『災』は2004年にも選ばれているので、今年で2回目となるようです。

2004年も今年と同じように、台風被害や中越地震など多くの災害が発生した年でした。

特に、台風に限らず大雨災害が多く発生してしまった年だったようです。

この『今年の漢字』、今まで最も多く選ばれているのは、『金』で、今までに3回選ばれています。

『金』から連想されることとは・・・。

オリンピックです。

夏季オリンピックが開催された年に、『金』が『今年の漢字』となっています。

ところで、『今年の漢字』は誰が決めているのでしょうか?

清水寺で発表されているので、清水寺の貫主が決めていると思っている方も多いかもしれませんが、

決めているのは、日本漢字能力検定協会が一般公募し、決定しているとのことです。

来年は、年号も変わりますし、ポジティブな印象の漢字が選ばれるといいですね。

記事一覧

1ページ (全297ページ中)

ページトップへ