スタッフブログ

木製ドア

能登広 自己紹介へ
2018/05/10(木) 塗装現場業務

RE-PAINT湘南の能登広です。

連休明けから生憎の天候が続いてしまっていますね。

5月7日から4日間連続の雨となり、気温も冬に後戻りといったところです。

さて、連休明けから私は、マンションの木製エントランスドアの塗装工事に行っております。

木製ドアの塗装は、通常の塗装作業とは異なり、たいへん難しいものですが、

完了時には見違えるように綺麗になるので、楽しみにしながら作業を行っています。

作業工程としては、塗装仕様などで異なりますが、基本的には

既存塗膜はく離1工程→あく洗い3工程→塗装3工程となり、たいへん手間のかかる作業です。

外壁塗装などというよりは、どちらかといえば家具塗装に近いので、その仕上がりの良し悪しは

見た目の良し悪しに直接的に繋がります。

作業は現在、あく洗い3工程まで終わり、残すところ塗装3工程となります。

写真は施工前です。

汚れなどシミや塗膜の剥がれなどがあります。

塗膜はく離、あく洗い後になります。

汚れやシミなどが取れ、これだけでも見違えるようになりました。

明日からの塗装作業はステイン系塗料での着色になります。

最初の着色は仕上がりを決めるといっても過言ではないので、明日は、

集中して作業に臨みたいと思います。

 

記事一覧

1ページ (全295ページ中)

ページトップへ