スタッフブログ

ご注意を

能登広 自己紹介へ
2018/07/18(水) 日常

RE-PAINT湘南の能登広です。

 

このところ、連日の猛暑となっており、急に猛烈な暑さに見舞われているため、

熱中症になる方が、急激に増えています。

私自身も、少し前ぐらいから、やっと暑さに対応できる身体になって、汗をしっかりかけるようになったものの、

十分に注意を払いながら作業を行っています。

なにを注意するかといえば、自分の初期症状です。

しっかりと出ていた汗があまり出なくなったり、のどの渇きやちょっとしたときのめまいや立ち眩みなどです。

この症状が出たときは、すぐさま水分補給をしたり、水で首などを冷やしたりしています。

暑さで体温が上がると、皮膚の血管が広がり血流が多くなります。

そのため、全身の血液の量が減り、血圧が下がり、脳への血流が減少します。

その時に、起きやすいのがめまいや立ち眩みです。

ですので、このような症状が出たときは、熱中症になりかかっていると思って、無理をせず水分補給や

身体を冷やす、涼しい場所で休むなどの対策を行ってください。

対策を行っても、体調が改善されないときは、熱中症になっているかもしれません。

 

まだまだ、7月中旬ではありますが、まだまだ暑い日は続きそうです。

水分を取ること。

無理をしないこと。

自身の体調の変化に敏感になること。

そして、できれば近くの人の様子も気にしてください。

熱中症は、自分では気づけないことも多いですので

 

 

記事一覧

1ページ (全291ページ中)

ページトップへ