スタッフブログ

ついに、夜露。

能登広 自己紹介へ
2018/11/16(金) 塗装現場

RE-PAINT湘南の能登広です。

 

11月中旬に入り、だいぶ日も短くなり、朝晩が冷え込むようになりました。

日中はまだ、日差しがあれば暖かいですが、日陰に入ると寒く感じます。

そんなわけで、昨日からすっかり冬仕様の作業着スタイルになり、ジャンバーもデビューしました。

まだ、早いような気もしたのですが、作業が終わると汗を掻くこともあるので、汗を掻いたままいると

身体が冷え切ってしまうので、少しフライング気味ですがジャンバーを着ることにしました。

風邪も流行っているようなので、体調には十分にご注意ください。

さて、朝晩が冷え込むようになり、昨日今日の朝は夜露で車や屋根などは濡れていました。

日中が天気も良く気温が上がるせいもあり、夜は放射冷却によって一気に冷え込んでしまうので、

夜露が降りやすくなっているからです。

私たちにとっては、ついに、このシーズンが到来というわけです。

これからは、夜露が降りることを想定して、作業を行う必要があります。

例えば、乾かないうちに夜露に見舞われてしまうと、流れてしまったり、変色してしまったりすることがあるので、

乾燥時間を考えながら、塗装作業を行っていく必要があります。

夜露が最も降りやすいのは、屋根です。

朝、夜露によって濡れていると、塗装作業を行えないこともありますし、

夜露が降りることを想定すれば、15時以降に塗装を行うと、乾く前に夜露に見舞われて変色などが起こることがあります。

これからしばらくは日も短いので、よく考えて段取り良く、効率的に作業を行う必要があります。

記事一覧

1ページ (全295ページ中)

ページトップへ